FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
「何もさせてもらえなかった」という後味の悪い連敗の後に、首位との対決である。ほとんど勝てる見込みはないと考えていた。しかし、選手たちのモチベーションは、むしろこのタイミングで上がっていたのかもしれない。終わってみれば、首位の磐田相手に、終始イニシアティブを握り続けたザスパが完勝した試合であった。
ザスパのプランは明確であった。中央のブロックを軸に、前線の選手たちが積極的にプレスをかけ続け、ボールを奪ったらすぐに裏を狙ってカウンターを仕掛ける。おそらく、それを90分やり続けるつもりだったのかもしれない。しかし、時間が経過するにつれて、磐田の「隙」が見え始めてくると、江坂を中心に適切な攻撃を繰り出していくことに成功する。後半、吉濱の投入によって全体のバランスが攻撃的にシフトした攻撃陣は、快刀乱麻を断つがごとく磐田の守備網を突破していった。

ザスパの守備は2ラインの4-4-2ゾーンディフェンスを基本として、小林祐希やジェイのポジショニングに応じて433に変形するというもの。
磐田の攻撃はアダイウトンが中心であると見たザスパは、キックオフ直後から、彼へのパスをまずは徹底的にケアしている。その担当は主にオリベイラと松下であった。サイドにいるときはオリベイラが、中央に侵入したときには松下がケアするという分担であろう。
左サイドを起点にしたい磐田ではあるが、オリベイラのボール奪取能力が高いことをつかんでいなかったのではないかと思われる(ザスパにとっても発見であったが)。アダイウトンがワンツーで左から中央に流れてシュートを打つシーンもあったが、前半で危険だったのは、そのシーン一つだけ。左サイドで磐田は次々とボールを奪われ、左サイドを起点とする攻撃は、ザスパの守備に徐々に無効化されてしまった。
ならば右で起点を作ろうとするが、桜内はほとんど何もできなかった。桜内にボールが渡る前の時点で、小林竜樹と小林亮がしっかりとケアしているため、まともにボールを受けることさえままならない。そのとき中央では小林祐希が地蔵になっていたため、ザスパはブロックを崩されることもほとんどなく、どの場面においてもしっかりと数的優位を確保できていた状態である。宮崎を中心として中央でパスを回そうとしても、中央にはザスパのボール奪取部隊である松下とソンスが、常に牙を剥いている。そして宮崎・上田には永井と小林竜樹が常についているため、なかなか自由にボールが触れない。パスコースを探して油断すると松下が突進してくる、という悲惨な状態である。有効なオフザボールの動きがアダイウトンしかないため、乾がジェイのマークにほとんど専念することができるという効果まで生まれた。しかしながら、ザスパが攻撃に転じた時には磐田の守備も固く、伊野波が間合いを詰めて江坂に渡るボールをしっかりとケアしていたので、前線でなかなかボールが収められずに、ザスパは攻撃の形が見えるものの、シュートまでたどり着くことができないでいた。しかし、この時江坂には、伊野波の前に、わずかな「隙間」があったことが見えていたのかもしれない。これは後半、吉濱の投入により、明確な「綻び」となる。
この日の磐田の問題は、スピードがあまりに遅いことにあった。とにかく選手が走らないし、パススピードも遅い。ザスパの守備はそんなに簡単に崩れるものではないのだが、磐田はミドルシュートを中心に前半で7本のシュートを放つものの、枠内はキックオフ直後の1本だけで終わった。シュート数だけ見れば、ザスパが一方的に攻められる展開であるが、ペースは完全にザスパよりであった。

後半開始から、ジェイが下がり目に位置したり、サイドに顔を出すようになったが、ザスパの対応は特に変化がない。一方、小林祐希は地蔵ではなくなっていた。積極的にザスパDFの裏に動くようになるが、だがそれはボールを受ける動きではなく、ザスパの最終ラインが基本的にゾーンディフェンスなのもあり、それにより新たなスペースが生まれることもない、という結果に終わった。ザスパは当面はボランチと乾がジェイに対処していたが、ジェイとアダイウトンがポジションを交換した形になっており、それによりザスパはソンスの守備の負担が少し大きくなっていた。だが、吉濱投入により、個々の負担と役割が少し変化する。
オリベイラは少し下がり目に位置しジェイへのパスコースを切るように。ソンスは中央でパスコースを切りながら、アダイウトンのケアを。松下は、ボールハンターとして専念させる。吉濱が積極的にバイタルエリアで仕掛けるために、オリベイラに「出し手」になってもらうようになった。オリベイラは磐田の前プレを躱せるので、受け手の江坂と吉濱がより活きてくるようになった。非常に効率の良い交代策であった。
さて、前兆が現れていた磐田の「隙」は、この直後から顕著になる。前半から江坂は積極的に裏への飛び出しを見せていたのだが、伊野波の守備の対処が裏へのケアを意識しているため、DFラインが徐々に崩れ出した。ボランチと伊野波の間にわずかなスペースが生まれたため、江坂は伊野波に1対1の勝負を積極的に仕掛け始める。61分には、江坂が巧みなフェイントからシュートを放ち、惜しくもカミンスキーが弾いたためにゴールは決められなかったが、江坂は完全に伊野波をターゲットにしていた。それを見ていた吉濱は、江坂のイメージするゴールへの道筋の共有ができたのであろう。バイタルエリアをこの二人が完全に制圧していた。
そして65分、この時点で磐田の選手は足が止まり出しているが、この時を見逃さなかったザスパは「ここだ!ここで決めるんだ!」とばかりに、ラッシュを放つ。まずはオリベイラのCKは直接ゴールを狙い、カミンスキーがわずかに触れてこぼれたところをクロス、続いてソンス、松下とミドルを放ち、青木が頭で合わせたこぼれ球を小林竜樹が押し込んだ。クロスが2タッチであるが、他はすべてダイレクトプレーで決めに行っている。小林竜樹が外から回り込んで決めているのは彼のクオリティであるが、このラッシュを前に、磐田の選手はもはや立ち尽くすしかなかった。

この後もさらにザスパの攻勢は続いたのだが、松井大輔の投入により事態は変化する。
投入された松井が狙っていたのは「松下がボールをとれないところ」である。松下から数メートル離れた、絶妙なところにポジショニングをすることにより、フリーでボールを持てる場面が増えた。それをうまく使いだせば磐田のペースである。だが服部監督は、この部分のケアのために有薗を投入する。意図は松下の負担軽減である。この交代は決して悪いものではなかった。ただ、不運なことに、失点はこの直後であった。ゴールキックからジェイが落としたボールを、またしても松下が届かない位置で受けた松井が、ほんの少し触ることで、今度は乾からもうまくブロック。走りこんだジェイに見事に決められてしまう。有薗投入はいったい何だったのかということにもなりそうだが、この後の磐田の攻撃を弱めたということにおいては、非常に意味のある交代ではあった。
ただ、このまま試合終了になるとは、おそらく誰も思っていなかっただろう。5分というアディショナルタイムもあり、どちらかに点が入る予感はあった。
そして91分。ザスパはバイタルでボールを持った江坂が、またも伊野波に1対1を仕掛ける。ここまでされたら完全に「カモ」である。しかし今度は、逆サイドから走ってきた吉濱にスイッチ。現れたシュートコースを狙った吉濱であるが、そこはカミンスキーが弾く。今度は小林亮が詰めて、見事に試合を決めたのだった。
実はこのゴールのパターン、このシーンの他にもこの試合、前後半に1回ずつ試みられている。前半は久富が、後半は小林亮が、シュートに合わせて中央に走りこむというシーンがあった。となると、これはトレーニングの中で繰り返しやっていたと考えるのが良いだろう。スタミナの消耗を伴うプレーであるが、これを一番苦しい時間帯で出せたということが、この試合の勝敗を分ける結果になった。「周到な準備」と「消えなかった闘志」が生んだ素晴らしいゴールで、勝利の女神はザスパに微笑んだのであった。

さて、ザスパはホームが「鬼門」と化しているのだが、首位の磐田を相手に息を吹き返したザスパが、果たして千葉を相手にどれだけ戦えるのかというのは、

もう眠いので寝ます。ごめんなさい。
スポンサーサイト
05/31|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


前半14分、泉沢にシュートを打たれるシーンは、(意図していないものであったが)DFの間隔が狭く均等になったおかげでシュートコースが限定され、そのおかげで北がストップできたと考える。ザスパの守備のミスは、ソンスが間を切った時に、横山がバイタルを埋めるのを怠ったことだ。何をチンタラ走っているのか。そこはボランチとのポジション交換によって守るべきだった。ソンスと松下の間にスペースができたおかげで、危ういシュートを打たれてしまったのだ。
「どこでボールを奪うのか?」ということは、整理しなければならないし、今後拘らなくてはならない要素だろう。

そしてその次、家長に簡単にボールを中に入れられるのは、小柳どうしちゃったのという部分。北のセービングに反応していないし、なぜ家長をフリーにさせたのかだけど、よく見ると小柳は家長を止めるのを諦めて、中央にいる和田にクロスが来ることを考えて走っている。確かにその方が止められる可能性はあるかもしれない。それに乾と青木もボールウオッチャーになっていたので、動き出しが遅れていたのも気付いての判断だろう。小柳のスピードがあれば、確かにそういう判断も理解はできる。だとすると、小柳だけのせいにはできないミスではある。
(その時シュートコースまで予測して北の背後に入った小林亮の動きは秀逸)


さて、失点のシーン。なぜフリーの選手が生まれたのかだが、多くの人が思うように、横山と小柳、さらにはソンスの動きまでが要改善。
まずは横山。左サイドにボールが出たとき、横山が適当に走っているが、これが良くないのは明らかだろう。
ただ、この時の小柳の動きが不適切。サイド深くにボールが来てしまったら、とにかくディレイがセオリーなのだが、本来サイドバックがまずボールホルダーとの間合いを詰めて、攻撃を遅らせなくてはならない。
実際に起きたことは、サイドにボールが行った瞬間、小柳がサイドではなく、中央を固める選択をした。これが間違いだ。横山はそれを見てサイドへ向かったが、完全に手遅れ。サイドに出る直前、ソンスが「サイドにつけ」とコーチングしているが、横山は間に合わないと踏んだのか、中途半端な動きになってしまった。そこでスプリントをすれば、多少のプレッシャーはかけられたかもしれないし、良いアピールにもなったかもしれない(し、どちらにもならなかったかもしれないが)。
次に、ソンス。どう考えてもクロスが入ってくる展開で、ポジショニングが前すぎる。なぜそうなったかというと、やはり小柳が本来ソンスが入るべきポジションにいたからだろう。捕まえておくべき選手を、連携のミスから、捕らえることができなくなってしまった、というものだ。結果、フリーでクロスをあげられ、フリーで決められてしまった。北もよく触ったが、あれではほぼノーチャンスだろう。

なぜこのシーン、小柳が中に入って行ったかというのを考えるに、CBとして積んだトレーニングの弊害と考える。
直前の危ないシーンもそうなのだが、乾と動きがかぶっているのだ。おそらく小柳の中で、プレーに迷いが生じていた。
瞬間瞬間で高度にプレーの選択を要求される中で、「一瞬の迷い」は命取りなのだ。映像で見える小柳がやたらとキョロキョロしているのは、そのせいだろう。
今後小柳はトレーニングの中でCBとSBの動きを再確認するしかないし、小柳を生かすか殺すかは、それを伝える服部監督の力量にかかっている。もしも小柳がこのまま復活しないようであれば、それは服部監督の力量不足と言える、と考える。
「役割分担」が非常に大事な戦術であるので、常に互いがコーチングし合い、プレーの選択を明確にすることが重要だ。

試合を重ねる中で、より洗練されていくことを願う。
05/11|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

テスト
04/21|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


12月に入って、寒さが身に染みるようになりました。

僕の住んでいる群馬県でも、朝には車のフロントガラスが凍ります。

同時に、震災の被害に遭い、今もなお避難生活を余儀なくされる人たちがいることに、
心を痛めずにはいられません。


そんな最近ですが、息子と新幹線のyoutube動画を見ていて、この曲に出会いました。

なかなか興味深い歌だったので、和訳をしてみます。

よかったら読んでやってください。

(例によって、個人的な解釈をふんだんに含む和訳)

今日はクリスマス
何も恐れることはないよ
希望の光を受け入れ
絶望の影なんか消し去ってしまおう

十分に満たされた僕らの世界から
喜びを外の世界に届けよう
世界に手を差し伸べよう
隣人のために祈ろう

だって今日はクリスマスだから

キミがクリスマスを楽しんでいるところで
考えるのは難しいことかもしれないけど
ウインドウの外には恐怖や不安に晒される世界があって
そこに流れる水は
苦しみの涙でできているんだ

そこで鳴るクリスマスベルは
この世界の終わりを告げる

今夜は神に感謝しよう
キミも僕も 
そこにいないことを
アフリカではこのクリスマスにも
雪は降らないんだ


彼らが今年受け取る最高のプレゼントは
「命」なんだ

何も育たない
雨も降らないし川も流れない

そんなところで
彼らは今日がクリスマスだっていうのを
わかっているんだろうか?

さあ、みんなのために乾杯しよう!
ギラギラと照りつける太陽の下にいる
彼らのためにも乾杯をしよう!

彼らは今日がクリスマスだって
きっと知らないだろうけど


世界にごちそうを
世界にごちそうを届けよう

世界にごちそうを届けよう
クリスマスがまた来ることを教えてあげよう

(原文)
It's Christmastime; there's no need to be afraid
At Christmastime, we let in light and we banish shade
And in our world of plenty we can spread a smile of joy
Throw your arms around the world at Christmastime
But say a prayer to pray for the other ones
At Christmastime

It's hard, but when you're having fun
There's a world outside your window
And it's a world of dread and fear
Where the only water flowing is the bitter sting of tears

And the Christmas bells that ring there
Are the clanging chimes of doom
Well tonight thank God it's them instead of you
And there won't be snow in Africa this Christmastime

The greatest gift they'll get this year is life
Oh, where nothing ever grows, no rain or rivers flow
Do they know it's Christmastime at all?

Here's to you, raise a glass for everyone
Here's to them, underneath that burning sun
Do they know it's Christmastime at all?

Feed the world
Feed the world

Feed the world
Let them know it's Christmastime again
Feed the world
Let them know it's Christmastime again

(以上和訳)

満たされてる人達が
「満たされない人達」を考える姿というのは
時として滑稽に映るんだな・・・

と思ってしまった僕は、
ちょっとどうかしてる気がしてきました。


おしまい
12/21|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


歌詞はこちら http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND20109/index.html


PVの泣かせることw

こういう、弱い主人公の歌が大好きという傾向がある感じがします(^o^;

この曲の発売当時、僕は親元を離れてまして、
今時珍しい下宿暮らしで、自由気ままなフリーター生活をしていました。

学生時代に就職活動をせず、在学中から登録してた派遣会社から
携帯電話の販売の仕事を紹介されていて、
それでとりあえず食いつなぐことができていたので、僕はちゃんと就職する気も起きず、
でもなんとなく親に合わせる顔もなく、福島に帰るのも面倒くさいなーと思っていたのでした。

そんな時、ネットにはyoutubeなんてサイトがいつの間にか生まれていて、
たまたまアップされていたこの動画を見て、強烈なインパクトから

「・・・実家に帰ろうかな。」

と郷愁のままに僕は福島に帰ることを決めたのでした。


実は、ちょうどその時期に中越地震があったりしたのですが。


それで僕は結局、そこの派遣元だった販売代理店から紹介してもらって、
会津若松で、またしばらく携帯電話の販売の仕事をしてたわけですが。



さて、この曲の主人公。生き方がどうも不安定。
歩き方も
「宝探しみたい」
ということは、あっち行き、こっち行きしてるんでしょう。
でも歩き続けて、
「靴と声がすり減ってしまっている」 → 「時間を浪費してしまってる」
んですね。

「宝」を探しに出かけたものの、
いつの間にか何を目指していたのかもわからなくなってしまい、

「僕はどんなふうに見える?」
「君がいないこの街では 僕らしさも浮いて見える」


過ぎた時間を思って、今の自分に不安を覚えます。
僕を知る人は、この街にいない。
昔あったかもしれない「僕らしさ」を知っている「君」は、今いない。

そんなわけで、「なんとなーく」自分は生きてしまった。
時間の経過と共に、いろいろなものを失ってしまった。

その最たるものが

「君に言えなかったサンキュー」

だった。

そしてどことなく、中二病的な雰囲気のまま、

この主人公は、歩を進めようとします。

こういう時は、
「でも前向きに頑張るよ。いつか夢を叶えるよ。」
的な終わり方が普通です。

でも、主人公が持っているものは
「すり減らした靴」であり、
強さとしているものは
「泣きたいときに泣ける」こと。

思わず
「おい、大丈夫か?」
と言いたくなってしまうほどのナイーブさ。

この精神的な弱さが、強烈な郷愁を誘う曲となっているんだと思います。


「どこまでいってもポジティブになれない歌」じゃないかなーという見解です。

いかがでしょうか。
11/21|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

おおたあ

Author:おおたあ
2010W杯をきっかけに、サッカーの面白さ、楽しさ、深さに触れて、もっと楽しみたいとブログを始めました。サッカーは勉強中です。プレーの結果から理論を逆算。基本ザスパクサツ群馬目線。

ついったー
mixpod
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。