FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑


いつか書こうと思っていたcymbalsネタ。

youtubeでcymbalsを検索すると、先頭に出てくるのがこの曲だと思います。


動画のコメントには
「この曲をリアルタイムで知りたかった」
というのもあって、

「リアルタイムで知ってる僕誇らしい( ̄ー ̄)」
とニヤリとしたり。


cymbalsのメンバーは

沖井礼二(ギター・ベース)
矢野博康(ドラム)
土岐麻子(ボーカル)
の3人。

最近、土岐麻子さんはジャズボーカリストとしてメディアへの露出が増えてますが、

「いつかcymbals復活して、沖井礼二の曲を土岐麻子が歌わないかなぁ」

と、ずーっと思っているのですが難しいでしょうか。


最近の沖井礼二さんは、アイドルや声優への楽曲提供をしながら、
相変わらず「cymbals的な音楽」を出し続けておりますが、

小室哲哉がTMN解散以降、多くの歌手に楽曲提供して時代を作りましたが、それでも
「やっぱり宇都宮隆の声が一番合う」
と個人的にはずっと思ってたので、

同じような事をcymbalsと土岐麻子に感じてしまうんじゃないかなと思ったり。


さてこの曲は

「メンバーが誰も運転免許を持っていないcymbalsが作るドライブミュージック」

なのですが、この曲を聞きながら高速走るのは気持ちがいいですね。



そして「似合わないレイバン」とか、「映画かぶれ」という歌詞に、

「普段ドライブしない方の『背伸び』を許可します」

という自虐的な(?)愛情みたいなものを感じます。


初心者でも、僕のラパンでも、その気になれますから(笑)




この頃のcymbalsの曲が、僕は一番好きです。

そして、PVの子供たちのセリフとこのPVのセンスが、大好きです。




ちなみに、僕がcymbalsを知ったのは、

FMでのこの曲のパワープレイがきっかけなんですけども(爆)
スポンサーサイト
08/20|音楽コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


この曲が爆発的にヒットしたのは僕が中学生の頃だったと思うのですが、当時は
「アシッドジャズ」
というジャンルはすごく目新しかったし、斬新なサウンドとして耳に入ってきたことをよく覚えてます。


歌詞の原文を見ると、"Virtual Insanity"というタイトルが”Virtual Reality"の韻を踏んでるのが分かるんですけど、この歌には意味のない韻を踏むための部分があったりするので、基本和訳には向いてない歌だと思います。

でも実はちょっと前に、この歌詞の内容がとても興味深いと感じてたので、

今回、ネット辞書とexcite翻訳さんとにらめっこしながら、がんばって訳してみました。


(以下僕の和訳。多少僕の解釈も入ってます。大きく間違ってるところがあったら言ってください。)

僕らの住んでいる世界について話をさせて欲しいんだ

人間は、本来小さくあるべきものを大きくして食べているんだけど
でもみんな全然気にすることもないんだから、不思議だよ
自分たちに一体どんな魔法の呪文を唱えてるのか
誰も分かっていやしない

それでも僕はこの世界にあらゆる愛情を捧げてしまっているんだ

誰かに聞いただけの世界では
見ることもできないし
息をすることもできないし
やっていくことはできないんだ

僕らは、今のライフスタイルから変わることはないんだよ
なぜなら僕らは自分勝手で、他人のことを考えようとしないからさ

それで世界が悪い方に進んでいる今
ほらご覧よ、こんなにも世界はイカれてるだろ?
僕らはこんなところに生きているんだ

さらに、犯罪に手を染めてる半数のヤツらに
僕たちみんなが捧げなくてはならないなんて
もう目も当てられないよ

この世界の未来はVirtual Insanityも同然さ
僕たちはしょうもない歪んだニューテクノロジーを愛してしまって
そういうのがこの世界をずっと支えてしまっているみたいなんだ

ああ、もう音も聞こえないよ
今僕らが生きているのはアンダーグラウンドなんだ

それで僕らが生きている世界の混乱を考えると
もうどこから手をつけていいか分からなくなっちゃうよ

この世の俗物どもに作られた
狂ったしがらみを 僕が解くことができたらいいのに

今日じゃ母親たちはみんな
我が子の肌の色さえ選べてしまうんだ
でもそれって 自然じゃないよね
つい昨日までみんなそう言ってたのに

もう祈るくらいしかできないのかな
それならいっそ、僕が新しい宗教でも開こうかな
だって、どう考えてもおかしいでしょ?
相容れないものを無理やり合成させちゃうなんて


僕たちが握っている未来の中に何があるのか
明らかにしなきゃいけないんだ


この世界の未来はVirtual Insanityも同然さ
僕たちはしょうもない歪んだニューテクノロジーを愛してしまって
そういうのがこの世界をずっと支えてしまっているみたいなんだ

ああ、もう音も聞こえないよ
今僕らが生きているのはアンダーグラウンドなんだ


もう音も聞こえないよ
もし僕らが生きているのが
アンダーグラウンドなら

今や世界はVirtual Insanityなのさ
君の言うVirtual Realityなんか忘れちゃいなよ
そんなに悪くないよ
人間が人間を生み出し続けるんだから
 

僕らは、こんな生活を続けちゃいけないんだ
訴えようよ、外に向かって声をあげようよ
知っているかい?
愚かな人間よりひどいものがあった例しは無いんだ


Virtual Insanity・・・
そうさ、僕らの住む世界とは
つまりそういうところなんだ



(以上、なんか適当な感じで終わり)

ジェイ・ケイは、この曲を
「2010年をイメージして作った」
みたいなこと言ってたらしいんですけども、

「実はあんた預言者だったんかい」

と、思ってしまうほどの中身。


"Virtual Insanity"にしっくり来る日本語が思い浮かばなかったので、
タイトルの言葉はそのまま書きました。
直訳すると「仮想の狂乱」なんですけど、それだとちょっとニュアンスが違う気がします。
表現が難しいんです。
たぶん
「うまいこと誤魔化されてる狂気」
とか
「立派な外見のキ○ガイ野郎どもの世界」
という感じの方が、内容的にはしっくりくるんじゃないかと思ったり。

で、ジェイ・ケイがこの詞を書いた当初はたぶん、遺伝子組換えとか、人工授精とか、
そういう当時の新技術への批判をイメージしたものだったと思うんですけど、

今考えると、福島の原発がまんま当てはまる気がしました。

言われるがままで、見えない、息もできない・・・
しまいには何も聞こえもしなくなってしまう、歪んだニューテクノロジー・・・

うーむ・・・


これは15年も昔の曲なんですけど、
そういう世界はまるでなにも変わってない感じですね。

今はインターネットが普及したおかげもあってか、
化けの皮が剥がれて、今じゃもうVirtualですらなくなってきて、
ただの狂った世界がどんどん顕在化してきてるという感もあったりします。

オリジナルのMVだと、僕のキライなGとかカラスが出現したりするんですが、
ヤツらのほうが、狂った世界に流されずに、人間よりもよっぽどたくましく生きてるよね、
的なメッセージもあるんだろうと思います。


そして何気に、Virtual(2次元)のキャラクターがやってるっていうこの動画も
なかなか面白いなって思ったりしました。

おしまい。

【参考として、以下原文】
Oh yeah, what we're living in
(Let me tell ya)
It's a wounder man can eat at all
When things are big that should be small
Who can tell what magic spells
We'll be doing for us
And I'm giving all my love to this world
Only to be told
I can't see
I can't breath
No more will we be
And nothing's going to change the way we live
'Cause we can always take but never give
And now that things are changing for the worse
See, it's a crazy world
We're living in
And I just can't see that half of us immersed in sin
Is all we have to give these

Futures made of Virtual Insanity now
Always seem to,
Be govern'd by this love we have
For useless, twisting, our new technology
Oh, now there is no sound for we all live underground

And I'm thinking what a mess we're in
Hard to know where to begin
If I could slip the sickly ties
That earthly man has made
And now every mother,
Can choose the colour of her child
That's not natures way
Well that's what they said yesterday
There's nothing left to do but pray
I think it's time I found a new religion
Waoh, it's so insane
To synthesize another strain
There's something in these
Future's that we have to be told

Futures made of Virtual Insanity now
Always seem to,
Be govern'd by this love we have
For useless, twisting, our new technology
Oh, now there is no sound for we all live underground

Now there is no sound if we all live underground
And now it's virtual insanity
Forget your virtual reality
Oh, there's nothing so bad
As a man-made man, oh yeah, I know yeah
Ooh

Futures made of Virtual Insanity now
Always seem to,
Be govern'd by this love we have
For useless, twisting, our new technology
Oh, now there is no sound for we all live underground

Now this life that we live in
It's so wrong
Shout out the window
Do you know that
There is nothing worse than a man-made man
Still there's nothing worse than a foolish man, hey

Virtual insanity is what we're living in
Yeah, it is alright
10/07|音楽コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
サッカーじゃないテーマで一つ。



歌詞はこちら

この曲と僕が出会ったのは、僕がまだ中学3年の時だったのですが、当時は

この曲が収録された山下達郎のベストアルバム”Treasures”のジャケットが「ファミ通の表紙」だったこと、
この「蒼氓」という曲の最後のコーラスが、山下達郎・竹内まりや夫妻と桑田佳祐・原由子夫妻の4人での超豪華コラボということ、
「蒼氓」というタイトルが第1回芥川賞受賞の小説から来てるということ、

そしてなんとなく、この曲のフレーズが好きだったこと、

そんなことにしか興味はなかったのですが、


最近この曲を聴いて、スッと心に染み込む感覚がありました。


山下達郎さん曰く、この曲は
「無名(普通)の人々への熱烈な賛歌」
だそうで、
「人生の真実を発見した」
とまで言い切っています。


この曲はシングルカットはされてないのですが、ベスト盤に収録する辺りは、氏のこの曲に対する思い入れの強さを感じます。


「蒼氓」とは「無名の民」という意味だそうですが、僕は、社会においての
「その他大勢」
みたいなニュアンスで捉えています。


この世界では、自分という存在は、ほんとにちっぽけなもので、自分の「絶対的な」存在の意味とか、「絶対的な」自分の価値なんていうのを考えたりするんですけど、大体の場合、
「そんなものはない」
ということにたどり着くんじゃないかなって思うんです。

交換可能な「その他大勢」の一部でしかない「自分」を考えると、自分自身の存在ってすごく心許ないんです。


例えば、僕が心の拠り所にしている家族のことで考えてみても、もしかしたら僕の代わりに夫であり、父親になれる人は、少なからずいるのかもしれないし、その人はもしかしたら僕よりも、優しくてイケメンで背が高くて足が長くて金持ちで仕事ができて頭が良くて運動神経が良くて健康で勇敢で素敵な人かもしれない。
だとしたら、その人の方が、僕なんかよりも僕の立場に相応しい。

だから、「絶対に僕じゃなきゃいけない理由」なんて実は無かったり、根拠が恐ろしく弱かったりするんだと思います。


それだけ人間の存在って、儚く脆いものなのではないかと。



でもこの歌は、そこで感じる「自分自身の存在の寂しさ」を、「それは琥珀なんだよ」って言ってくれるわけです。


「琥珀」っていう宝石は、ダイヤモンドとかサファイヤみたいな鉱石の仲間じゃなくて、元が「樹液」で、それが年月をかけて結晶化したものです。(僕はその樹液を「涙」のイメージで捉えてもいいのかな、なんても思いますが)

この曲に転じてみれば、その「寂しさ」は、やがて人の心の美しさへと変わり、小さな光(幸せ)をも受容して、人々の心の中で密やかに輝く、という解釈をしてます。ダイヤのようなまばゆい輝きとは違うのですが、琥珀独特の柔らかい輝きに、人生の「味」がある。

そして、その琥珀の色とか輝き方は、自分勝手な思い込みであっても、別に構わないんだと思います。
それは自分の心の中にあるものなので、自分自身さえ納得できれば、それでいいのですから。

大事なのは、自分がそこで「納得できるかどうか」じゃないかなって思いますし、その「納得」こそが「幸福を受容する力」につながるんじゃないかなって、思います。


寂しさも、やがて未来へと続く道に繋がっている。
その過程の中で、蒼氓の優しさや温かさに触れることで、人生の意味や幸せが見つけられるかもしれない。

この、琥珀が結晶化していく過程から見ると、そんなテーマがイメージできるような気がします。
03/03|音楽コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

おおたあ

Author:おおたあ
2010W杯をきっかけに、サッカーの面白さ、楽しさ、深さに触れて、もっと楽しみたいとブログを始めました。サッカーは勉強中です。プレーの結果から理論を逆算。基本ザスパクサツ群馬目線。

ついったー
mixpod
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。