FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑


前半14分、泉沢にシュートを打たれるシーンは、(意図していないものであったが)DFの間隔が狭く均等になったおかげでシュートコースが限定され、そのおかげで北がストップできたと考える。ザスパの守備のミスは、ソンスが間を切った時に、横山がバイタルを埋めるのを怠ったことだ。何をチンタラ走っているのか。そこはボランチとのポジション交換によって守るべきだった。ソンスと松下の間にスペースができたおかげで、危ういシュートを打たれてしまったのだ。
「どこでボールを奪うのか?」ということは、整理しなければならないし、今後拘らなくてはならない要素だろう。

そしてその次、家長に簡単にボールを中に入れられるのは、小柳どうしちゃったのという部分。北のセービングに反応していないし、なぜ家長をフリーにさせたのかだけど、よく見ると小柳は家長を止めるのを諦めて、中央にいる和田にクロスが来ることを考えて走っている。確かにその方が止められる可能性はあるかもしれない。それに乾と青木もボールウオッチャーになっていたので、動き出しが遅れていたのも気付いての判断だろう。小柳のスピードがあれば、確かにそういう判断も理解はできる。だとすると、小柳だけのせいにはできないミスではある。
(その時シュートコースまで予測して北の背後に入った小林亮の動きは秀逸)


さて、失点のシーン。なぜフリーの選手が生まれたのかだが、多くの人が思うように、横山と小柳、さらにはソンスの動きまでが要改善。
まずは横山。左サイドにボールが出たとき、横山が適当に走っているが、これが良くないのは明らかだろう。
ただ、この時の小柳の動きが不適切。サイド深くにボールが来てしまったら、とにかくディレイがセオリーなのだが、本来サイドバックがまずボールホルダーとの間合いを詰めて、攻撃を遅らせなくてはならない。
実際に起きたことは、サイドにボールが行った瞬間、小柳がサイドではなく、中央を固める選択をした。これが間違いだ。横山はそれを見てサイドへ向かったが、完全に手遅れ。サイドに出る直前、ソンスが「サイドにつけ」とコーチングしているが、横山は間に合わないと踏んだのか、中途半端な動きになってしまった。そこでスプリントをすれば、多少のプレッシャーはかけられたかもしれないし、良いアピールにもなったかもしれない(し、どちらにもならなかったかもしれないが)。
次に、ソンス。どう考えてもクロスが入ってくる展開で、ポジショニングが前すぎる。なぜそうなったかというと、やはり小柳が本来ソンスが入るべきポジションにいたからだろう。捕まえておくべき選手を、連携のミスから、捕らえることができなくなってしまった、というものだ。結果、フリーでクロスをあげられ、フリーで決められてしまった。北もよく触ったが、あれではほぼノーチャンスだろう。

なぜこのシーン、小柳が中に入って行ったかというのを考えるに、CBとして積んだトレーニングの弊害と考える。
直前の危ないシーンもそうなのだが、乾と動きがかぶっているのだ。おそらく小柳の中で、プレーに迷いが生じていた。
瞬間瞬間で高度にプレーの選択を要求される中で、「一瞬の迷い」は命取りなのだ。映像で見える小柳がやたらとキョロキョロしているのは、そのせいだろう。
今後小柳はトレーニングの中でCBとSBの動きを再確認するしかないし、小柳を生かすか殺すかは、それを伝える服部監督の力量にかかっている。もしも小柳がこのまま復活しないようであれば、それは服部監督の力量不足と言える、と考える。
「役割分担」が非常に大事な戦術であるので、常に互いがコーチングし合い、プレーの選択を明確にすることが重要だ。

試合を重ねる中で、より洗練されていくことを願う。
スポンサーサイト

05/11|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

おおたあ

Author:おおたあ
2010W杯をきっかけに、サッカーの面白さ、楽しさ、深さに触れて、もっと楽しみたいとブログを始めました。サッカーは勉強中です。プレーの結果から理論を逆算。基本ザスパクサツ群馬目線。

ついったー
mixpod
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。