FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
「何もさせてもらえなかった」という後味の悪い連敗の後に、首位との対決である。ほとんど勝てる見込みはないと考えていた。しかし、選手たちのモチベーションは、むしろこのタイミングで上がっていたのかもしれない。終わってみれば、首位の磐田相手に、終始イニシアティブを握り続けたザスパが完勝した試合であった。
ザスパのプランは明確であった。中央のブロックを軸に、前線の選手たちが積極的にプレスをかけ続け、ボールを奪ったらすぐに裏を狙ってカウンターを仕掛ける。おそらく、それを90分やり続けるつもりだったのかもしれない。しかし、時間が経過するにつれて、磐田の「隙」が見え始めてくると、江坂を中心に適切な攻撃を繰り出していくことに成功する。後半、吉濱の投入によって全体のバランスが攻撃的にシフトした攻撃陣は、快刀乱麻を断つがごとく磐田の守備網を突破していった。

ザスパの守備は2ラインの4-4-2ゾーンディフェンスを基本として、小林祐希やジェイのポジショニングに応じて433に変形するというもの。
磐田の攻撃はアダイウトンが中心であると見たザスパは、キックオフ直後から、彼へのパスをまずは徹底的にケアしている。その担当は主にオリベイラと松下であった。サイドにいるときはオリベイラが、中央に侵入したときには松下がケアするという分担であろう。
左サイドを起点にしたい磐田ではあるが、オリベイラのボール奪取能力が高いことをつかんでいなかったのではないかと思われる(ザスパにとっても発見であったが)。アダイウトンがワンツーで左から中央に流れてシュートを打つシーンもあったが、前半で危険だったのは、そのシーン一つだけ。左サイドで磐田は次々とボールを奪われ、左サイドを起点とする攻撃は、ザスパの守備に徐々に無効化されてしまった。
ならば右で起点を作ろうとするが、桜内はほとんど何もできなかった。桜内にボールが渡る前の時点で、小林竜樹と小林亮がしっかりとケアしているため、まともにボールを受けることさえままならない。そのとき中央では小林祐希が地蔵になっていたため、ザスパはブロックを崩されることもほとんどなく、どの場面においてもしっかりと数的優位を確保できていた状態である。宮崎を中心として中央でパスを回そうとしても、中央にはザスパのボール奪取部隊である松下とソンスが、常に牙を剥いている。そして宮崎・上田には永井と小林竜樹が常についているため、なかなか自由にボールが触れない。パスコースを探して油断すると松下が突進してくる、という悲惨な状態である。有効なオフザボールの動きがアダイウトンしかないため、乾がジェイのマークにほとんど専念することができるという効果まで生まれた。しかしながら、ザスパが攻撃に転じた時には磐田の守備も固く、伊野波が間合いを詰めて江坂に渡るボールをしっかりとケアしていたので、前線でなかなかボールが収められずに、ザスパは攻撃の形が見えるものの、シュートまでたどり着くことができないでいた。しかし、この時江坂には、伊野波の前に、わずかな「隙間」があったことが見えていたのかもしれない。これは後半、吉濱の投入により、明確な「綻び」となる。
この日の磐田の問題は、スピードがあまりに遅いことにあった。とにかく選手が走らないし、パススピードも遅い。ザスパの守備はそんなに簡単に崩れるものではないのだが、磐田はミドルシュートを中心に前半で7本のシュートを放つものの、枠内はキックオフ直後の1本だけで終わった。シュート数だけ見れば、ザスパが一方的に攻められる展開であるが、ペースは完全にザスパよりであった。

後半開始から、ジェイが下がり目に位置したり、サイドに顔を出すようになったが、ザスパの対応は特に変化がない。一方、小林祐希は地蔵ではなくなっていた。積極的にザスパDFの裏に動くようになるが、だがそれはボールを受ける動きではなく、ザスパの最終ラインが基本的にゾーンディフェンスなのもあり、それにより新たなスペースが生まれることもない、という結果に終わった。ザスパは当面はボランチと乾がジェイに対処していたが、ジェイとアダイウトンがポジションを交換した形になっており、それによりザスパはソンスの守備の負担が少し大きくなっていた。だが、吉濱投入により、個々の負担と役割が少し変化する。
オリベイラは少し下がり目に位置しジェイへのパスコースを切るように。ソンスは中央でパスコースを切りながら、アダイウトンのケアを。松下は、ボールハンターとして専念させる。吉濱が積極的にバイタルエリアで仕掛けるために、オリベイラに「出し手」になってもらうようになった。オリベイラは磐田の前プレを躱せるので、受け手の江坂と吉濱がより活きてくるようになった。非常に効率の良い交代策であった。
さて、前兆が現れていた磐田の「隙」は、この直後から顕著になる。前半から江坂は積極的に裏への飛び出しを見せていたのだが、伊野波の守備の対処が裏へのケアを意識しているため、DFラインが徐々に崩れ出した。ボランチと伊野波の間にわずかなスペースが生まれたため、江坂は伊野波に1対1の勝負を積極的に仕掛け始める。61分には、江坂が巧みなフェイントからシュートを放ち、惜しくもカミンスキーが弾いたためにゴールは決められなかったが、江坂は完全に伊野波をターゲットにしていた。それを見ていた吉濱は、江坂のイメージするゴールへの道筋の共有ができたのであろう。バイタルエリアをこの二人が完全に制圧していた。
そして65分、この時点で磐田の選手は足が止まり出しているが、この時を見逃さなかったザスパは「ここだ!ここで決めるんだ!」とばかりに、ラッシュを放つ。まずはオリベイラのCKは直接ゴールを狙い、カミンスキーがわずかに触れてこぼれたところをクロス、続いてソンス、松下とミドルを放ち、青木が頭で合わせたこぼれ球を小林竜樹が押し込んだ。クロスが2タッチであるが、他はすべてダイレクトプレーで決めに行っている。小林竜樹が外から回り込んで決めているのは彼のクオリティであるが、このラッシュを前に、磐田の選手はもはや立ち尽くすしかなかった。

この後もさらにザスパの攻勢は続いたのだが、松井大輔の投入により事態は変化する。
投入された松井が狙っていたのは「松下がボールをとれないところ」である。松下から数メートル離れた、絶妙なところにポジショニングをすることにより、フリーでボールを持てる場面が増えた。それをうまく使いだせば磐田のペースである。だが服部監督は、この部分のケアのために有薗を投入する。意図は松下の負担軽減である。この交代は決して悪いものではなかった。ただ、不運なことに、失点はこの直後であった。ゴールキックからジェイが落としたボールを、またしても松下が届かない位置で受けた松井が、ほんの少し触ることで、今度は乾からもうまくブロック。走りこんだジェイに見事に決められてしまう。有薗投入はいったい何だったのかということにもなりそうだが、この後の磐田の攻撃を弱めたということにおいては、非常に意味のある交代ではあった。
ただ、このまま試合終了になるとは、おそらく誰も思っていなかっただろう。5分というアディショナルタイムもあり、どちらかに点が入る予感はあった。
そして91分。ザスパはバイタルでボールを持った江坂が、またも伊野波に1対1を仕掛ける。ここまでされたら完全に「カモ」である。しかし今度は、逆サイドから走ってきた吉濱にスイッチ。現れたシュートコースを狙った吉濱であるが、そこはカミンスキーが弾く。今度は小林亮が詰めて、見事に試合を決めたのだった。
実はこのゴールのパターン、このシーンの他にもこの試合、前後半に1回ずつ試みられている。前半は久富が、後半は小林亮が、シュートに合わせて中央に走りこむというシーンがあった。となると、これはトレーニングの中で繰り返しやっていたと考えるのが良いだろう。スタミナの消耗を伴うプレーであるが、これを一番苦しい時間帯で出せたということが、この試合の勝敗を分ける結果になった。「周到な準備」と「消えなかった闘志」が生んだ素晴らしいゴールで、勝利の女神はザスパに微笑んだのであった。

さて、ザスパはホームが「鬼門」と化しているのだが、首位の磐田を相手に息を吹き返したザスパが、果たして千葉を相手にどれだけ戦えるのかというのは、

もう眠いので寝ます。ごめんなさい。
スポンサーサイト

05/31|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

おおたあ

Author:おおたあ
2010W杯をきっかけに、サッカーの面白さ、楽しさ、深さに触れて、もっと楽しみたいとブログを始めました。サッカーは勉強中です。プレーの結果から理論を逆算。基本ザスパクサツ群馬目線。

ついったー
mixpod
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。